スポーツ系資格試験とは

book
 
スポーツ系資格試験について簡単にご紹介します。
興味のある方は、試験を受けられてみては如何でしょうか。

・ライフセーバー
海辺での事故を未然に防ぎ、もしもの時には救助活動を行うのがライフセーバーです。
最近は競技スポーツとしての人気高い資格です。

・スポーツプログラマー
スポーツプログラマーは、スポーツの振興とスポーツ指導者のスキル向上を目的とした資格です。
さまざまな年齢の方に適切な指導を行う資格です。

・水泳指導管理士
プールの管理運営にあたって、プールの管理者を置かなければならないと法律で義務付けられています。
その資格の一つとして、水泳指導管理士の資格があります。

・スポーツ指導者
それぞれのスポーツの指導者になるための資格として、競技別、レベル別にスポーツ指導者の資格を設定しています。
約50種類のスポーツをカバーしています。

・スノーボードインストラクター
若い人を中心に人気の高いウィンタースポーツであるスノーボードを知っている方は多いと思われます。
そのスノーボードのインストラクターとして働ける資格です。

・スキューバダイビング国際資格
海に潜る際に必要となる専門の免許がスクーバダイビング国際資格です。
海の中でパニックにならないように知識と技術の習得が必要となります。

・エアロビダンスエクササイズインストラクター
ダイエット効果が高いため、女性に人気のあるエアロビクスを知っていますか。
そのエアロビクスのインストラクターとしての資格がこのエアロビダンスエクササイズインストラクターです。

ビジネス実務資格とは


keybord
 
ビジネス実務資格について簡単にご紹介します。
興味のある方は、試験を受けられてみては如何でしょうか。

・日商簿記
すべての会計・経理資格の基礎を作ってくれる資格です。
また、会計・経理の業務を行っていない方も、財務諸表を読みこなしたり、経営判断を行う時に必要になる帳簿を読む力をつけることができます。

・簿記能力検定(全経)
日商簿記と同様にあらゆる人に役立つビジネス資格です。
全経上級を取得できれば税理士の受験資格がもらえます。
経理部門以外の方にも必要な経理の知識をつけることができます。

・CFO
最高財務責任者を目指す新資格です。
CFOの入門レベル「スタンダード」と上級レベル「プロフェッショナルCFO」の資格をわけて設けています。
経営戦略や経営方針の策定などの力を養う資格です。

・知的財産検定
日本弁理士会が後援する資格です。
知的財産に関する知識は一般の社会人にも必要とされるようになってきました。
知的財産に関する基礎知識を問う検定試験です。

・ビジネスキャリア制度
ビジネスキャリア制度は、教育訓練コースの受講を通じてホワイトカラーに必要な専門能力の習得を支援するシステムです。
部署、職務別に能力をアピールできます。
経理、財務、営業、マーケティング、広報・広告など10分野に分けて行われます。

・ビジネス実務法務検定
ビジネス実務法務検定は司法書士などへの第一歩としても有効です。
法律的な考え方を身につけることができる資格です。

建築系資格と不動産系資格試験

build
 
建築と不動産の資格はステップアップを行えば、独立できる資格ばかりです。
建築と不動産の資格は、いろいろな資格を併せて取ることによって、仕事の範囲が広がります。
建築系資格と不動産系資格試験について簡単にご紹介します。

・宅地建物取引主任者(宅建)
宅建で有名な不動産資格です。
宅地や建物の売買、交換、賃貸に関する仕事を行う上で、重要項目の説明が独占的な業務です。
不動産の営業所ごとに、従業員5人に対して宅地建物取引主任者の資格者を1人必ず置かなければならない必置義務資格です。

・管理業務主任者
マンション管理会社に入社する人におすすめの資格です。
マンションの資産価値を落とさないように管理することや、マンション住民の住み心地を考える仕事です。
宅建と同様に、30組ごとに1名の管理業務主任者の有資格者を管理会社に配置しなければなりません。

・マンションリフォームマネジャー
中古マンション買い替えや、古くなったマンションのリフォームについてアドバイスする専門家の仕事です。
マンションの老朽化とともに注目の資格試験です。
集合住宅や建設に関する法律の知識が必要になります。

・建築士
住宅やビルだけでなく、造園から都市計画、環境まで幅広い設計を手がける資格です。
設計の専門学校に通えば2年で受験資格を取得することができるため、社会人の転職にも最適です。
デザインのセンスがあれば、独立して開業することもできます。
1級、2級、木造の三種類あり、それぞれ手がけることが許される建築物の種類と規模がことなります。


飲食、栄養系資格とは

fruti
 
調理師、栄養士、製菓栄養士は養成校を卒業すれば無試験で資格を取得できます。
最近では、飲食分野でソムリエやきき酒師などの専門の民間資格も多く登場しているようです。
飲食、栄養系資格について簡単にご紹介します。
興味のある方は、試験を受けられてみては如何でしょうか。

・調理師
調理師は国家試験または専門学校卒業で資格取得できます。
調理師免許は飲食店で働く際に有利にはたらき、飲食店を開業し成功すれば高収入が見込める資格です。

・栄養士
専門学校で調理師とあわせて資格取得される方が多いです。
栄養指導の専門家としてはたらける国家資格です。
ダイエットや高齢化社会など、栄養士の需要は大きいと言われています。

・ふぐ調理師
ふぐの毒を処理し、安全な調理を提供する専門調理師の資格です。
受験要件として調理師である必要となっています。
自治体が独自におこなっている民間資格です。

・ソムリエ
レストランやホテルなどでワインの専門家として働ける資格です。
受験資格に実務経験が5年以上かかるなど厳しい資格となっています。
日本ソムリエ協会認定の民間資格です。

・きき酒師
人気を集めている資格にきき酒師があります。
ソムリエがワイン、きき酒師は日本酒の専門家です。
レストラン、バー、飲食店などで働く人にとっては付加価値のある資格です。

・レストランサービス技能士
ウェイター、ウェイトレスのプロとしての実力を証明できる資格です。
3級から1級まであり、いずれの受験要件に実務経験が必要で厳しい資格とされています。